ツイッターやYoutubeなどネット上で見かけるアンチの意味は?アンチの特徴は?またアンチの心理とは?

最近ミクチャ、ツイッターをはじめとしたSNSやネット上などで「アンチ」という言葉が当たり前のように使われていますが、最近スマホを使い始めた人、またネットサーフィンをし始めた人のために「アンチ」という言葉がどういった言葉なのかをわかりやすく解説したいと思います。

僕のこのサイトでも「アンチ」という言葉をよく使っていましたが、「アンチ」という言葉を説明していなかったなと思い立ったので記事にしようと思った感じです 笑

Sponsored Link

ツイッター、Youtubeなどでネット上でよく見かける「芸能人のアンチ」意味とは?アンチの特徴は?

担当直入に言います。

「○○のアンチ」というと

○○(←人の名前、グループ名などが入ります)のことが嫌いな人

または、○○(←人の名前、グループ名などが入ります)のことが嫌いな人達

のことを指します。これは英語でanti-という接頭語などでよく使われる言葉から来ているものです。そこまで馴染みが無いものかもしれませんが、anti-virusで抗ウイルス(virus)剤という言葉などで使われます。接頭語なので汎用性は高いです。

まぁそんなことはさておき、「○○のアンチ」=「○○のことが嫌いな人」とだけ覚えておけば大丈夫です。ネット発祥の言葉なので、覚えていなくとも経験的にわかると思いますが 笑

ちなみにこれまで何人かネット上(SNS上)で叩かれる人のことも紹介してきましたが、叩かれる人が全員アンチがいるわけではありません。なので、

叩かれたことがある人=アンチがいる人

とは言えません。

基本的にアンチがいる人は何かしら私生活においても、その人の周りにいる不特定多数の人からも嫌われる可能性のある人であることが多いです。こんなことを書いてしまうのはよくないのかもしれませんが、管理人的にまとめると、アンチがいる人は「自分が無意識に不特定多数の人に不快感を与える可能性がある言動・行動をしてしまう人」です。

この事自体はよろしくないことですね。

ですが、こういったアンチがいる人というのは、ある意味才能でもあります。確かに自分自身を客観的に見れていないということは言えますが、ネット上などでアンチがつく可能性がある人というのは、基本的にすでに何かしらの能力があり、一般人と比べて圧倒的に多数の他者から注目されていることがほとんどです。

さらにそういった人たちは、アンチに嫌われる行動をすることによりさらに世間からの注目度が上がるので、アンチを増やしたりアンチにさらに嫌われたりすればするほど、注目度が増し、メディアなどからも注目され、濃いファン層を作っていってしまうので、それまた一つの才能を持っていると言えます。

アンチができてしまう人のことを話したので次はアンチする人たちのことを話していこうと思います。

Sponsored Link

どうしてアンチしてしまうのか?その心理とは?

どうして特定の人に対してアンチをしてしまうのか。管理人は正直にいって、自分の身のまわりにいる人達であったり、人間的に尊敬できる人以外に興味が無いので想像も入ってしまいますが、アンチをしてしまう人の心理は、以下のことが考えられます。(仮に、Aさんのアンチをしている人たちの心理として読み解いていこうと思います。)

①Aが自分が応援している人がその人に不快な思いをさせられたため、アンチになった

②ネット上でAさんのアンチがたくさんいるのでとりあえず乗っかってアンチしている

③Aさんが人としてどうしても許せないことをしたので、自分自身の一貫性を保つためにアンチをしている

①はファンとしての思いやりなのでわかりますね。②何となくわかってもらえると思います。②で乗っかっている人たちに働いている心理は一般的に「社会的照明」と言われています。知りたい人がいらっしゃれば書いていこうと思うので、コメントしてください。

③に関してですが、「一貫性」というものも人の無意識下でよく働く心理です。こちらは簡単に説明できるので、言ってしまいますと、人は一度自分が決定したことはできるだけ一貫させようと、決定したことを正当化する心理的な働きのことを言います。

このサイトは学生さんのアクセスが多いので、学生さんの理解しやすそうな恋愛関係の話で言うと、とあるイケメンが2年ほど仲良く付き合っていたAさんと付き合っていたものの、ちょっとしたきっかけでBさんと仲良くなりBさんの方が魅力的に見え始め、Bさんに乗り換えたとします。

イケメンの深層心理では、性格や外見面でAさんの方が上だったとしても、Bさんに乗り換えたことを正当化するために、自分の決定に満足感を抱いたりする心理が働きます。(なんならAさんの批判をしてまで自分の決定が間違っていなかったと一貫性を持たせるための心理が働きます。)

こんな感じのことを「一貫性」(←一般的な心理学用語なのかは知りませんが、心理学ではよく知られている心理です)と言います。

Sponsored Link

まぁこんな感じの心理が働いてアンチというものができているんじゃないかなと思います。何もアンチを批判しているわけではないですし、アンチされる人を擁護しているわけではありませんので。

参考になると幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

関連記事コンテンツ